住宅ローン審査というのはすごく時間がかかるものという印象があります。最近はやや早くなっていますが、住宅ローンの申し込みから融資実行までは1ヶ月~1か月半かかってしまうものもあるからです。ここでは住宅ローン審査にかかる時間について解説します。

住宅ローン申込みの手順calendar128_128

今一度、審査をおさらいすると、住宅ローン申込み、審査、融資までの流れは下記のようになっています。

ソニー銀行の場合

  1. 仮審査お申込み
  2. 仮審査:2日~6日
  3. 仮審査結果のご連絡・本審査申込みの必要書類郵送:4日~6日
  4. 本審査の申込み
  5. 本審査:7日~10日
  6. 本審査結果のご連絡・住宅ローン契約書郵送:4日~6日
  7. 契約書類の返送:7日~10日
  8. 契約内容の確認・契約締結:1週間~1ヶ月

となっています。

すべて足し算すると31日~68日という結果になり、早くても1ヶ月ということになります。

しかし、よく見ればわかるのですが、実際に時間がかかっているのは住宅ローン審査ではなく、郵送と書類の準備のやりとりの時間なのです。審査自体の時間はそれほど長くありません。

ソニー銀行の場合は

  • 仮審査は最短2営業日
  • 本審査は最短7営業日

というスピードになっています。

審査スピードが早いことで定評があるフラット35のノンバンク「ARUHI」の場合

  • 仮審査は最短当日
  • 本審査は最短3営業日

と、3日もあれば審査はできるということになっています。

311の金融機関(都市銀行・信託銀行・地方銀行・信用金庫など)のアンケートデータ

住宅金融支援機構が行った銀行・ノンバンクに対するアンケートでは下記のような結果になっています。

本審査の所要期間(申請~結果回答)

shinsakikan

平均3.2営業日
一番多い回答:2営業日
二番目に多い回答:3営業日
三番目に多い回答:1営業日

です。

つまり、アンケートでもそれほど審査には時間がかからないことを示しています。

これは審査申込みから審査の結果回答の時間なので、実際と近い回答と考えられます。

ウェブサイトなどで、長めに審査期間を書いているのは、本当の時間を記載してたまたま少しでも遅れてしまうとクレームにつながっているため、ウェブサイトにはできるだけ長めに記載して、金融機関がリスクヘッジしているだけなのです。

融資実行を早めるための方法

審査回答のスピードはその銀行でもそれほど変わりません。であれば、住宅ローンの申込みから融資までの時間をできるだけ短くするために必要なのは

必要書類の記入・返送をすぐに行うこと

仮審査の結果が返ってきて、本申込みの申込書を受け取ってから、記入して返送するまでの時間が長ければそれだけ融資までの時間が伸びてしまいます。来たらすぐに時間を取って記入することを心がける必要があります。

必要書類を事前に準備しておくこと

必要書類は事前にわかっているはずです。年収証明や住民票など事前に取得できるものは仮審査の結果がわかる前に複数枚用意しておくべきです。事前の準備が重要なのです。

あまりにも時間がかかっている場合には状況を聞いてプレッシャーをかけること

前述した通り、平均で3.2営業日で審査はできるものなのです。たとえば、1週間経っても返事がないという場合には、「書類の過不足ありませんでしたか?」というようにやんわりと銀行の担当者に連絡を取ってみましょう。この場合、実際には業務が忙しくて審査に回していないということも起こりうるのです。連絡を取ることでプレッシャーを担当者にかけることができ、審査が早まる可能性があります。

複数の住宅ローンに同時に申込むこと

契約するまでは複数の住宅ローンに申込んでも何の問題もありません。1社だけに申込んで審査落ちした場合に、そこから2社目を探していたのでは、審査期間がまた一からかかることになります。はじめから数社に申込んでいれば、審査に通った中から条件の良いものを選ぶということもできるのです。同時並行で審査を動かせば審査期間をむだにする必要もないのです。

が必要だと考えられます