flat35_reform_logoフラット35(リフォーム一体型)というのはフラット35への「中古住宅購入+リフォーム」のセットプランのことです。フラット35(リフォーム一体型)について解説します。

フラット35(リフォーム一体型)とは

「中古住宅の購入資金」+「リフォーム工事の資金」をセットで借りられるフラット35のこと

を言います。

中古住宅を購入する場合には

  • 傷んでいる壁紙を変えたい
  • 設備を最新のものに変えたい
  • 必要のない部屋を1部屋にしたい
    ・・・

と少なからず、なんらかのリフォームが必要になるケースがほとんどなのです。

通常は

  • 中古住宅の購入費用 → 住宅ローン
  • リフォームの費用 → リフォームローン

という別のローンを組む必要があり、かつリフォームローンは住宅ローンの金利よりも1~2%高い為、返済負担も大きくなってしまうものなのです。

しかし、最近は政府を中心に人口減少の社会の中で「住宅ストックの活用=中古住宅流通の強化」が叫ばれています。その背景もあり、中古住宅の購入時にリフォーム費用もプラスして貸してくれる住宅住宅ローンというのが増えてきているのです。

フラット35も、この流れに乗って作った商品が「フラット35(リフォーム一体型)」なのです。

フラット35(リフォーム一体型)の利用条件

フラット35(リフォーム一体型)のフラット35とは違う利用条件を解説します。

資金使途

ご本人又はご親族がお住まいになるための中古住宅の購入及び中古住宅の購入と併せて行うリフォーム工事に必要な資金

  • リフォーム工事の内容、リフォーム工事費の金額や割合に制限はありません。
  • お借り換えも対象

お借入れの対象となる住宅

「中古住宅購入価額とリフォーム工事費の合計額」が1億円以下の住宅

お借入額

100万円~8000万円、「中古住宅購入価額とリフォーム工事費の合計額」以内

お借入期間

15年~35年(「80歳」-「お申込時の年齢(1歳未満切上げ)」が上限)

フラット35(リフォーム一体型)の金利

2016年8月時点のARUHIの金利を見ると

ARUHIフラット35金利

  • 15年~20年:スタンダードタイプ:0.830%
  • 21年~35年:スタンダードタイプ:0.900%

ARUHIフラット35(リフォーム一体型) 金利

  • 15年~20年:スタンダードタイプ:0.830%
  • 21年~35年:スタンダードタイプ:0.900%

つまり、通常のフラット35とフラット35(リフォーム一体型)の金利は同じなのです。

フラット35(リフォーム一体型)のメリット

リフォーム分の借入も通常のフラット35と同じ金利であること

2016年8月時点の大手銀行のリフォームローンの金利を見てみると

  • みずほ銀行リフォームローン 変動金利 3.975%
  • 三菱東京UFJ銀行ネットDEリフォームローン 変動金利 1.990%

と住宅ローンと比較しても、リフォームローンの金利は2.0%~5.0%が主流であり、金利は高く設定されているのです。当然、フラット35金利と比較しても高い状態になっています。

本来は高い金利で借りる必要があるリフォーム費用を、通常のフラット35金利と同じ金利で借りられるということがフラット35(リフォーム一体型)の最大のメリットなのです。

フラット35(リフォーム一体型)利用時の注意点

すべてのフラット35取扱金融機関で扱っているわけではない

フラット35の取扱金融機関 ≒ フラット35(リフォーム一体型)の取扱金融機関

となっているのです。

主なフラット35(リフォーム一体型)の取扱金融機関

  • アルヒ株式会社
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 株式会社優良住宅ローン
  • 財形住宅金融株式会社
  • その他地方銀行
  • その他信用金庫

です。

メガバンクやネット銀行の取り扱いがないということに注意が必要です。

フラット35(リフォーム一体型)を検討するのであれば、フラット35のシェアNo.1のARUHIフラット35をおすすめします。

ARUHI住宅ローン/フラット35

まとめ

フラット35(リフォーム一体型)は

「中古住宅の購入資金」+「リフォーム工事の資金」をセットで、しかも通常のフラット35金利で借りられ商品です。

中古住宅の購入を検討していて、全期間固定金利のフラット35を検討している方におすすめです。